実は簡単な最強FX理論 

【Market Hunt System】〜理論戦略型“完全無裁量”FX攻略システム!〜

アメリカ人も羨望する日米の時差が生むチャンスで稼ぐ最強のFX理論を徹底解剖

サイトマップ

トレードのエッジ

このサイトで目指している「真のトレーダー」について考察しておきましょう。



真のトレーダーは、FXモンキー がけっして気づくことのない2つの真理を理解しています。

それは

 @トレード手法よりもマネージメントのほうが優先する

 Aマネージメントを欠いたトレード手法は成り立たない

では、FXトレードを成功に導くマネージメントとはどのように実践するのか、そして、マネージメントとトレード手法とをどのように関連付けていけばよいのか、その点を調べていきましょう。

真っ先に考えるべきは、トレード手法のエッジ、つまり切れ味を示す刃先です。

これは簡単な計算で割り出すことができます。

  トレード手法のエッジ=勝ちトレード数÷総トレード数

計算式からおわかりいただけるように、トレード手法のエッジとは「勝率」にほかなりません。

あるトレード手法を用いてトレードを100回行ったとして、そのうち60回で利益を上げているとすれば、その手法のエッジは0.6、つまり勝率6割ということになります。

ここで用いる数値は必ずしも実際のトレード回数である必要はありません。

ある手法を使いたいときには必ずバックテストを行います。

このバックテストの結果をカウントしてもかまわないということです。

バックテストについては後に詳しく説明しますが、バックテストを十分な回数行えば、そのトレード手法のエッジ(勝率)を知ることができます。

この勝率をマネージメントに取り込めば、トレードの成功に寄与することになるはずです。

このサイトでは2トレをはじめとするいくつかのトレード手法を紹介しましたが、その利用に当たっては必ずバックテストが必要であることを指摘してきました。



トレード手法の使い方がわかったからといって、いきなりライブの口座で試してみるのはFXモンキーで、真のトレーダーを目指すには最低でも1,000回以上のバックテストを行うようにしましょう。

それによって、手法に慣れるとともに手法の特性を把握し、マネージメントに関わるエッジの信憑性も確かなものになるからです。

トレード手法のエッジが実際のトレードにどう関わるか、コインの表裏で勝ち負けを決めるコイントスの例で確かめてみましょう。

コインをトスして表が出れば勝ちで、100円もらえるとします。

裏が出れば負けで100円払わなければなりません。

このゲームのリスク(損失)とリターン(勝ち報酬)はともに100円ですから、リスクリワードは1:1です。

このゲームを100回繰り返し続けたとき、勝率が50%だとすると、勝ちゲームが50回で利益が5,000円、負けゲームも50回で損失も5,000円で、差し引き損得なし、「リスク:リワード」比は1:1です。

50%の勝率であれば、損もしない代わりに利益もないことになります。

そこでルールをちょっとだけ変えてみます。

勝ちのときはそのままで、負けたときに支払う金額を50円にしてみましょう。

この場合「リスク:リワード」比は50:100、つまり1:2です。

勝率が同じ50%なら、100回繰り返したときの利益は5,000円ですが、負けゲームの損失は2,500円ですみ、差し引き2,500円の利益となります。

この逆、つまり表が出たら50円しかもらえず、裏の時は100円支払わなければならないとすると、100回後の勘定は2,500円の損失になります。

この簡単な例で言いたかったのは、「同じ勝率でも、リスクとリワードの比率が変われば、損益は変わってくる」といいう点です。

もちろん、コイントスでは自分の都合のいいように勝手にルールを変えることは許されませんが、この「リスク:リワード」比をFXトレードに見立ててみるとどうなるでしょう。

リスクは「エントリーからストップロス(損切り)までの幅」で、リワードは「エントリーからリミット(利益確定)までの幅」になります。

そして、注目したいのは、損切りや利益確定の値を決めるのはプレーヤー自身である点です。

要するに、FXトレードではゲームのルールに相当する「リスクとリワードの比率」を自分で調整できるということなのです。

また、コイントスでは勝率を単純に50%に固定していましたが、FXトレードでも勝率は、採用するトレード手法のバックテストの結果からあらかじめ予想することができます。

勝率が決まっていて、「リスク:リワード」比も自分で決められるなら、利益を大きくすることができる、それがFXトレードなのです。

FX初心者必勝法・無料レポートオファー 【FX成功法則マニュアル】
日本人にFXは向いている
FXのリスクを高めている日本人
FXは投資か?
裸でトレードしよう
FXコーチという職業
利回り1000%の生徒
リスク・レス/トレード・レス
負け上手がFX勝者に
知っておくべき4箇条
行き過ぎたトレンドは必ず元に戻る
ベースラインとエントリーライン
2トレに欠かせないチャート
すべて2本の線が教えてくれる
エントリーラインは何度でも引き直す
エントリールール
トレンド順張りの応用
強いトレンドが出たらじっと我慢
2本のベースラインで利益を伸ばす
リミット上手が2トレを制す
2トレのデイトレ
FXのゴールデンタイム
世界で最も恵まれている日本人トレーダー
NYボックスのいつ、どちらへ
ブレイクアウトルール
リバーサルルール
アリゾナ旅行
800SMA/200SMA/62EMA
レートは800SMAと62EMAを行き来
移動平均線の遠縁MACD
値頃感よりストキャス
MACDとストキャス
パラメータの設定
アリゾナルールの4つのフェイズ
フェニックスフェイズ
トレンド中のレンジにはメサ
ローリスクハイリターンのスコッツデール
スコッツデールをブラッシュアップ
62EMAに注目ギルバート
サンバード
サプライズトレード
スタッキング
ダイバージェンスのスイッチ
隠れダイバージェンス
トゥームストーン
ウィンズロウ
フラッグスタッフでもダイバージェンス
トレードで勝つための4要素
禁断の道FXモンキー
トレードのエッジ
財布を空っぽにしないために
リスクリワード比は1以上
1トレードの最大リスクは資金の1%
トレード枚数
目指すはロビンフッド
目標はpipsで考える
手法を自分仕様にチューニング
本気の人が使うバックテストツール
無意味なバックテストのためのバックテスト
バックテスト1000回&デモ口座2倍
たかが10pipsされど10pips
コントロールすべきふたつの感情
FX勝者の生活
トレードジャーナル
トレード熱中症になっていませんか?
FXで成功するためにやっぱり大切なこと
東大卒SEの頭脳が開発したFX完全自動売買システム『東大式FX(フルセット版アップグレード)』
リンク集
究極のFX自動売買ソフト  『EA Raming』  - 過去4年間で負けた月がありません -
FX相場無双
モニター全員が勝った奇跡のFX自動売買システム「WinningFX〜ウイニングFX〜」

【支持されて一周年】FX初心者でも空いた時間にぱぱっと稼ぐ、究極のスキャルマジック- 恋スキャFXビクトリーDX完全版
低金利 キャッシング










実は簡単な最強FX理論 All copyrights 2011 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。