実は簡単な最強FX理論 

【Market Hunt System】〜理論戦略型“完全無裁量”FX攻略システム!〜

アメリカ人も羨望する日米の時差が生むチャンスで稼ぐ最強のFX理論を徹底解剖

サイトマップ

アリゾナ旅行

ここまでで、世界一シンプルと呼んでもよいFXトレード手法の「2トレ」と、簡単で勝率の高い「NYボックス」について説明してきました。



このほかに以降で説明する「バックテストの方法」と「資金のマネージメント」、さらに「FXトレードで注意すべきこと」を学んで、それらを実践していけば「成功するFXトレーダー」への道を歩み始めることができます。

とはいっても、これだけでは、実際にトレードする機会が限られてしまうのは致し方ありません。

もちろん、トレードの機会が増えれば、それだけ利益が増えるというわけにはいきませんが、市場の状況に応じて利用できる効果的な他のトレード手法も使いこなせれば、資産を増やすチャンスもより大きくなるのも確かです。

そこで、次に、相場の状況に合わせて効果的な手法を繰り出すことのできる、システマティックな「アリゾナルール」と呼ばれるトレードシステムを紹介します。

為替相場にはトレンドが発生していることもあれば、凪(なぎ)のようにほとんど変化のないもみ合い状態のときもあります。

アリゾナルールでは相場の状況を4つの状態に分類して、それぞれの状況に合ったトレード手法を用います。

チャートの局面を診断して、局面に合った手法を繰り出せる「手法の総合体」といってもよい体系をもつことから、開発者はあえて「トレードシステム」と呼び、開発の際に逗留していたアリゾナにちなんで「アリゾナルール」と命名しています。

4つの局面それぞれに対してふさわしい手法を用いるアリゾナルールについて、開発者は逗留していたアリゾナ州を例にして、特色のある地域を旅することを比喩として取り上げ、相場の局面にその地名を用いています。

日本人としてはローカルな地名になじみが薄いので、ここではまず、それぞれの局面と、そこで用いるテクニカル分析について説明します。

FX初心者必勝法・無料レポートオファー 【FX成功法則マニュアル】
日本人にFXは向いている
FXのリスクを高めている日本人
FXは投資か?
裸でトレードしよう
FXコーチという職業
利回り1000%の生徒
リスク・レス/トレード・レス
負け上手がFX勝者に
知っておくべき4箇条
行き過ぎたトレンドは必ず元に戻る
ベースラインとエントリーライン
2トレに欠かせないチャート
すべて2本の線が教えてくれる
エントリーラインは何度でも引き直す
エントリールール
トレンド順張りの応用
強いトレンドが出たらじっと我慢
2本のベースラインで利益を伸ばす
リミット上手が2トレを制す
2トレのデイトレ
FXのゴールデンタイム
世界で最も恵まれている日本人トレーダー
NYボックスのいつ、どちらへ
ブレイクアウトルール
リバーサルルール
アリゾナ旅行
800SMA/200SMA/62EMA
レートは800SMAと62EMAを行き来
移動平均線の遠縁MACD
値頃感よりストキャス
MACDとストキャス
パラメータの設定
アリゾナルールの4つのフェイズ
フェニックスフェイズ
トレンド中のレンジにはメサ
ローリスクハイリターンのスコッツデール
スコッツデールをブラッシュアップ
62EMAに注目ギルバート
サンバード
サプライズトレード
スタッキング
ダイバージェンスのスイッチ
隠れダイバージェンス
トゥームストーン
ウィンズロウ
フラッグスタッフでもダイバージェンス
トレードで勝つための4要素
禁断の道FXモンキー
トレードのエッジ
財布を空っぽにしないために
リスクリワード比は1以上
1トレードの最大リスクは資金の1%
トレード枚数
目指すはロビンフッド
目標はpipsで考える
手法を自分仕様にチューニング
本気の人が使うバックテストツール
無意味なバックテストのためのバックテスト
バックテスト1000回&デモ口座2倍
たかが10pipsされど10pips
コントロールすべきふたつの感情
FX勝者の生活
トレードジャーナル
トレード熱中症になっていませんか?
FXで成功するためにやっぱり大切なこと
東大卒SEの頭脳が開発したFX完全自動売買システム『東大式FX(フルセット版アップグレード)』
リンク集
究極のFX自動売買ソフト  『EA Raming』  - 過去4年間で負けた月がありません -
FX相場無双
モニター全員が勝った奇跡のFX自動売買システム「WinningFX〜ウイニングFX〜」

【支持されて一周年】FX初心者でも空いた時間にぱぱっと稼ぐ、究極のスキャルマジック- 恋スキャFXビクトリーDX完全版
キャッシング 即日 融資



実は簡単な最強FX理論 All copyrights 2011 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。