実は簡単な最強FX理論 

【Market Hunt System】〜理論戦略型“完全無裁量”FX攻略システム!〜

アメリカ人も羨望する日米の時差が生むチャンスで稼ぐ最強のFX理論を徹底解剖

サイトマップ

世界で最も恵まれている日本人トレーダー

日本や同じ経度上にある国に住む人々にとっては、ニューヨーク市場が活発に動く時間帯には仕事や家事から解放されて、トレードに集中しやすく、なんとも恵まれたFX環境ということができるのです。



ニューヨーク市場が開いている間の取引、つまりニューヨークセッションが市場を大きく動かすのは、巨額の資金を動かすヘッジファンドや世界的なコングロマリット企業のファイナンスによる巨額な為替取引が行われるためです。

こうした取引が行われると、その瞬間に為替チャートが数十pips動くことがあります。

さらに、「投機筋」と呼ばれる人々も、個人FXトレーダー同様に、この為替市場の値動きを利用して巨額の利益を得ようとします。

ニューヨーク市場はほかの市場と比べものにならないほどのスケールでこうした取引が渾然一体となって発生します。

このニューヨークセッションの間には、経済にまつわるニュースも数多く流れます。

その中には為替トレーダーが敏感に反応するものがあります。

いわゆる「アメリカの経済指標」とも呼ばれる「雇用統計」(毎月第1金曜日発表)、政策金利(年8回開催されるFOMCで決定)、「貿易収支」(毎月20日前後)、「GDP速報値」(1、4、7、10月)などです。

こうした指標が事前の予想と食い違いを見せると(指標の数字自体の良し悪しではない点に注意してください)、市場が反応しやすくなります。

発表のスケジュールは事前にわかるので、トレードを始める前にこうした指標の発表があれば確認しておくようにしたいものです。

そのほかにも、アメリカ経済に大きな影響を与える大統領やFRB議長の予想外の発言、あるいは、世界経済に大きく影響する国際テロや大規模災害の発生などにも注目しておくべきでしょう。

FX初心者必勝法・無料レポートオファー 【FX成功法則マニュアル】
日本人にFXは向いている
FXのリスクを高めている日本人
FXは投資か?
裸でトレードしよう
FXコーチという職業
利回り1000%の生徒
リスク・レス/トレード・レス
負け上手がFX勝者に
知っておくべき4箇条
行き過ぎたトレンドは必ず元に戻る
ベースラインとエントリーライン
2トレに欠かせないチャート
すべて2本の線が教えてくれる
エントリーラインは何度でも引き直す
エントリールール
トレンド順張りの応用
強いトレンドが出たらじっと我慢
2本のベースラインで利益を伸ばす
リミット上手が2トレを制す
2トレのデイトレ
FXのゴールデンタイム
世界で最も恵まれている日本人トレーダー
NYボックスのいつ、どちらへ
ブレイクアウトルール
リバーサルルール
アリゾナ旅行
800SMA/200SMA/62EMA
レートは800SMAと62EMAを行き来
移動平均線の遠縁MACD
値頃感よりストキャス
MACDとストキャス
パラメータの設定
アリゾナルールの4つのフェイズ
フェニックスフェイズ
トレンド中のレンジにはメサ
ローリスクハイリターンのスコッツデール
スコッツデールをブラッシュアップ
62EMAに注目ギルバート
サンバード
サプライズトレード
スタッキング
ダイバージェンスのスイッチ
隠れダイバージェンス
トゥームストーン
ウィンズロウ
フラッグスタッフでもダイバージェンス
トレードで勝つための4要素
禁断の道FXモンキー
トレードのエッジ
財布を空っぽにしないために
リスクリワード比は1以上
1トレードの最大リスクは資金の1%
トレード枚数
目指すはロビンフッド
目標はpipsで考える
手法を自分仕様にチューニング
本気の人が使うバックテストツール
無意味なバックテストのためのバックテスト
バックテスト1000回&デモ口座2倍
たかが10pipsされど10pips
コントロールすべきふたつの感情
FX勝者の生活
トレードジャーナル
トレード熱中症になっていませんか?
FXで成功するためにやっぱり大切なこと
東大卒SEの頭脳が開発したFX完全自動売買システム『東大式FX(フルセット版アップグレード)』
リンク集
究極のFX自動売買ソフト  『EA Raming』  - 過去4年間で負けた月がありません -
FX相場無双
モニター全員が勝った奇跡のFX自動売買システム「WinningFX〜ウイニングFX〜」

【支持されて一周年】FX初心者でも空いた時間にぱぱっと稼ぐ、究極のスキャルマジック- 恋スキャFXビクトリーDX完全版
マイカーローン 借り換え



実は簡単な最強FX理論 All copyrights 2011 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。